イメージ画像

2. リンデンドル販売と購入方法

セカンドライフの仮想世界の中ではリンデンドルという仮想通貨を使用して取引が行えます。一般的なオンラインゲームでもゲーム内通貨があり、これで有料アイテムを購入したり、プレイヤー間でアイテムを取引したりすることができますが、セカンドライフでも公式が販売する土地等の代金をリンデンドルで払うことができるのはもちろんのこと、ユーザーが制作したアイテムをリンデンドルで取引することができます。

リンデンドルが他のゲームの仮想通貨と大きく異るのは、他のゲームでは仮想通貨をリアルマネーと交換することが禁止されているのに対し、リンデンドルは公式にリアルマネーとの交換、つまり換金ができるということです。これはいわゆるリアルマネートレード、つまり裏取引とは異なり、公式が提供している機能であり、またユーザー間でこれを行うことも認められています。

これが可能となっている背景には、セカンドライフがゲームではないために、モンスター等を倒すことでお金を生み出すことができないということ、アイテムはすべてユーザーが制作しており、この制作物にクリエイティブコモンズのような著作権が認められていることがあります。つまりセカンドライフはゲームではなく、ウェブサーバーやホームページのように自身が制作したものやサービスを販売することができるプラットフォームでもあるということです。

リンデンドルの購入は公式サイト、またはセカンドライフのビューアーソフトからクレジットカードで行えますが、NETCASHやBITCASHなどの日本の電子マネー決済には対応していません。マグスルではNETCASHとBITCASHによる決済でリンデンドルを販売しており、どなたでもユーザー登録や個人情報の提供をすることなく、安全にリンデンドルを入手していただけるサービスを提供しております。

過去6年間で7億リンデンドルを超える取引実績があります

ご利用の皆様には申し訳ございませんが、円安に伴い交換レートを変更せざるを得なくなりました。サービス継続のためにご理解のほどをおねがいいたします。

1000円=1900リンデンドル

ご利用前に必ずお読みください

セカンドライフの仕様上、まれにリンデンドルが送金されないことがございます。未然に防ぐため、以下の点にご注意ください。

1.セカンドライフのビューアー内のブラウザはSSL暗号化通信に対応していないため、決済が必ずエラーになります。リンデンドルの購入の際は”必ず”Internet Exploler や Firefox、Chrome等の外部ブラウザーを使用してください。

2.セカンドライフがメンテナンス中、または何らかの原因で極端に重たいSIMにいる場合は、送金が行われないことがあります。メンテナンスが終了するまでお待ちになるか、重たくないSIMに移動してご利用ください。

3.一部のPC環境、ブラウザー等の組み合わせにより、まれに決済中にエラー画面が表示されることがあります。その際にはブラウザをすぐ閉じず、エラーを無視する等のオプションがあればそれを選んでみてください。

万一、30分経ってもリンデンドルが送金されなかった場合、まずは以下をご確認ください。(通常は1分程度で送金されますが、セカンドライフが重たい場合は遅れることがあります)

1.NETCASH または BITCASH のホームページにて、電子マネーの残高が減少しているかを確認してください。減少していなければ、決済は行われておりません。

2.セカンドライフの公式サイトにログインし、取引履歴をご確認ください。もし取引履歴に送金が記載されているにも関わらず、アバターにリンデンドルが送金されていない場合、セカンドライフのビューアーを再起動すると送金されます。

電子マネーの残高が減少しているにも関わらず、セカンドライフの取引履歴に送金が記載されていない場合は弊社までメールにてアバター名、決済した日時、金額、もしわかれば表示された決済番号をご連絡ください。お電話でのお問い合わせは受け付けておりませんのでご了承ください。

このページの先頭へ